Showing: 1 - 1 of 1 RESULTS

COVID-19時代のラスベガスの様子

人が少ない 昨年の8月のラスベガスはガランとしていました。それでも通常人が集まるいくつかの場所では、若干人混みがありました。例えば、大道芸人が見世物をしている場所には、かなり人が集まっていました。しかし全体的に観光客が少ないので、街の様子がはっきりわかったのはよい効果でした。パンデミックが影響を及ぼしているようには見えなかった唯一の場所は空港でした。パンデミックの時期でしたが、飛行機から降りると、ターミナルは混み合っており、空港も人で混雑していました。荷物の引き取り場所もごった返していました。あまりに人が多く、自分の荷物を引き取るのも怖かったです。ターミナルよりもさらにひどかったのはUberやLyft乗り場でした。ソーシャルディスタンシングが守られておらず、歩行者にとってかなりの危険地帯でした。人々は感染リスクの高いパンデミックの時期にもかかわらず、気軽にタクシーの相乗りをしていました。